まだまだ気を緩めないよう、しかし自分で可能な範囲でストレスをためないこと。